便利なカギ

近年は、住宅の玄関にも「カギを使わない」タイプのロックに交換する事が出来るようになりました。

便利なカギも色々な種類を数多く、ご用意しています。

設置環境やご利用者様のライフスタイルにより、お勧めする商品が異なりますのでご興味がありましたら是非、当店へご相談下さい。


暗証番号で開けるansho.jpg  

ボタンやテンキーパネルを押してロックを操作します。
お好みの番号を設定してお使い頂く商品が現在は、人気があります。

 

  • ランダムテンキーロック TK4L(T)

夜でもハッキリ、バックライト付テンキーロック。使うたびに数字の配列が変わるので、暗証番号が他人に知られる危険性が少ないです。

扉が閉まれば自動でロックされる[TK4LT]と、手動でロックする[TK4L]の2タイプがあります。

TK4L.jpg


リモコンで開ける  rimocon.jpg

「カギを持ち歩くのって煩わしい」とか「玄関のカギを車みたいにリモコンで“ピッ”って開けたい」なんて思ったことありませんか?
車だと一般的には『スマートキー』とか『キーレスエントリー』と呼ばれているようです。 

 

  • Raccess[リモコン運用] 
Raccessリモコンキーについているボタンを押すことで、自動ドアや電気錠を開錠できます。また、ボタン押さなくても、検知範囲に入れば自動的に開錠するハンズフリー機能も併せ持っています。セキュリティとスマートを兼ね備えたこのシステムは、マンションやオフィスのエントランスや玄関・間仕切りなど様々なシーンで採用が進んでいます。
raccess_image_リモコン.jpg raccess_image_ハンズフリー.jpg
 
ユーザーのお一人がリモコンキーを紛失しても、その紛失リしたモコンのみを管理者が使用無効(登録の抹消)に出来る安心システムです。

キーのカラーバリエーションは7色あります。
 raccess_image_キータグ.jpg
raccess_image_キーヘッド.jpg


非接触型ICカード/携帯電話で開けるiccard.jpg

ICチップ入りのカードや携帯電話をリーダーに近づけてロックを操作します。
鉄道・バス共通乗車カード[PASMO/Suica]や[おサイフケータイ]などFeliCa(フェリカ)チップを内蔵した媒体を使える機種に人気が集まっています。

 

  • FeliCa対応 自動施錠型レバーハンドル電池錠 FKALT

ICカード(FeliCa)や携帯電話を本体に近づけて解錠する事が出来ます。電池式なので配線工事も不要。

扉を閉めると自動でロックされますので閉め忘れがありません。

電池切れなど万が一の際は、非常用シリンダー(カギ)で解錠も出来ます。

別売の専用ソフトで入室管理も行えます。※別途、パソコンが必要です。

※携帯電話をカギとしてお使いの場合は「おサイフケータイ」の機能が必要です。

※FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式でありソニー株式会社の登録商標です。

FKALT.jpg

 


指で開ける  yubi.jpg

指紋、あるいは指静脈をカギとしてロックを操作します。
正に同じカギは2つと無いはず・・・生体認証も銀行等のATMでキャッシュカードとのタブル認証が普及して生活に身近なものになって来ました。
ちょっとしたステータスになるかもしれません。

 

  • 指静脈認証リーダー RDFV-S01

人間の身体的特徴のひとつである指静脈をカギとしてご使用頂く認証リーダーです。

電気錠、自動ドア、シャッター等の開閉装置としてご使用頂けます。

生体認証の為、紛失・盗用の心配が減少します。

別売の管理装置と接続する事で出入管理も行えます。※別途、パソコンが必要です。

RDFV-S01.jpg

製品に関するお問い合わせは当店まで

ご自宅の安心を守る鍵の選び方を知りたい方は当社にご相談ください

ご自宅の玄関にはどのような鍵をお付けでしょうか。シリンダー型や二重に鍵を取り付けるタイプなど、防犯のためにさまざまなタイプの鍵がございますが、最近では「鍵を使わない」タイプの鍵を選ぶ方が増えています。鍵の紛失や盗難の心配も無く、人気は急上昇してきております。
具体的には、暗証番号で開けるタイプや携帯電話のアプリを使用するもの、指紋や指の静脈を認証するタイプのものなどがございます。いずれのタイプも従来の鍵で解錠するものに比べると、格段に安全性は高まっております。どのようなタイプがよいのかといったご相談も承っておりますので、まずは久留米にある「有限会社久留米錠前」にお電話ください。